ヘスペリジン

ヘスペリジンとは?


ヘスペリジンとはビタミンP(ビタミン様物質)の一種です。
みかんの皮や袋、筋に多く含まれています。

ヘスペリジンはオレンジやグレープフルーツなどの他のかんきつ類にも含まれていますが、含有率では温州みかんが群を抜いています。
漢方で言うところの陳皮(みかんの皮)の成分がヘスペリジンにあたり、聞きなれない名前の栄養素でありながら意外と古くから使われてきたものなのです。

血の巡りをよくする事で冷え性の改善にも役立つことから、近年では温活サプリとしても人気が出ています。

毛細血管を強くする作用があり、適度に血管の透過性を保つことで糖尿病や慢性静脈不全症、結核などを防ぐために重要な栄養素として臨床症例が報告されています。
毛細血管をメンテナンスする上で、ヘスペリジンは重要な働きを見せるのです。

みかんという身近な果物から摂取できるのはありがたいのですが、ヘスペリジンの吸収率の悪さはネックとなっており、しっかりとヘスペリジンの量を摂るのであればサプリメントをオススメします。

おすすめサプリはコチラ ⇒ グリコのサプリαGヘスペリジン


ビタミンPとは? ビタミンではないの!?


ビタミンPとはビタミン様物質のひとつで、厳密に言うとビタミンとは少し違うものになります。

自然界ではビタミンCの近くに必ずビタミンPがいて、壊れやすいビタミンCを保護し、効果を持続させる作用があります。
抗酸化物質であるビタミンCを有する食品にはビタミンPも含まれていることがほとんどであり、ビタミンCのサプリメントにもやはりビタミンPは配合されています。

ビタミンPは摂取しなくても他のビタミンのように欠乏症にはなりませんが、ビタミンCの効果を安定させ、持続させるのには不可欠です。
オレンジやグレープフルーツなどのかんきつ類に多く含まれており、中でも温州みかんのビタミンPの含有率は果物の中でもトップクラスです。

ビタミンPの働きとして特徴的なのが、
  • 毛細血管を強くしてくれる
  • 毛細血管のメンテナンスをしてくれる
という点です。

毛細血管を通じて体全体に栄養や酸素を運んでいくのですが、スムーズに通過するには毛細血管に適度な通過性が必要で、ビタミンPが血管のメンテナンスや強化を行うことで保たれています。

この「適度」というのが非常に重要で、透過性が高すぎると血管自体が弱くなり、ウイルスなどの菌が体の中に入るのを許してしまいます。
透過性が低すぎると、怪我をした際に血管中から白血球が出て傷の処置にいけなくなるという問題が起こります。
毛細血管の「適度な透過性」を保つ上で、ビタミンPは欠かせないものなのです。

また、毛細血管が強化されることによって血流が改善され、特に冬場の冷え性の改善にも効果があるとされています。

初期段階のガンの抑制作用にも期待が寄せられています。
その部位については、食道ガン、口腔ガン、胃ガン、大腸ガンなどの報告が上がっており、効果は様々な部位に及ぶとされています。

抗アレルギー作用にも注目されており、毛細血管の透過性のコントロールによってアレルギー反応の原因物質を体内に取り込まないように働くので、細胞に及ばす直接的な作用は低いと考えられており、したがって副作用の心配もほとんど無いのが特徴です。
花粉症やアトピー性皮膚炎の症状の緩和に効果があるとされています。

糖転移ヘスペリジン(糖転移ビタミンP)とは?


ヘスペリジンは非常に水に溶けにくく、体内に吸収されにくいという性質があります。
いくらみかんを食べてヘスペリジンをしっかりと摂取したつもりになっていても、残念ながら吸収率の悪さを考えるとあまり効果的とはいえませんでした。

近年、ヘスペリジンの吸収率の悪さを改善するべく開発されたのが糖転移ヘスペリジン(糖転移ビタミンP)です。
水溶性を10万倍にも高めることに成功し、体内への吸収率も3.7倍と飛躍的に向上しました。

冷え性については糖転移ヘスペリジン(糖転移ビタミンP)のサプリメントの摂取一週間ほどで効果が出るとされています。
他にも中性脂肪や悪玉コレステロールの対策にも有効であるとされておりますが、この数値に異常の無い場合やボーダーラインの場合、中性脂肪数値の変動はみられませんでした。

みかん


メチルヘスペリジンとは?


メチルヘスペリジンも、糖転移ヘスペリジン(糖転移ビタミンP)と同じく水溶性を高めたものであります。
かんきつ類の皮や果汁、種より得られ、毛細血管と末梢組織の間の水分等のコントロールをしています。

糖転移ヘスペリジン(糖転移ビタミンP)との大きな違いとしては生体内のたんぱく質に反応する事で、肌の老化に対して効果があるとされています。

皮膚では加齢による糖化反応後期生成物(肌のハリの低下やくすみの原因のひとつとされている)を、メチルヘスペリジンが抑制するという実験結果が出ており、糖転移ヘスペリジン(糖転移ビタミンP)よりもその効果は高いとされています。

シミの元となるメラニンの生成を抑制することも分かっており、アンチエイジング効果への期待が高まっています。
化粧品にも配合されており、その場合の表記はメチルヘスペリジンとなっております。

また、脂質代謝の改善や抗アレルギー、糖尿病の改善の効果も期待できます。
血液中の過剰な活性酸素の除去、血流の安定をはかり血圧の上昇を防ぐことから、心身血管病の危険因子である高血圧や動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中の危険度も下げるといわれています。

グルコシルヘスペリジンとは?


こちらも水溶性を高くしたヘスペリジンで、化粧品への添加がよく見受けられます。
ヘスペリジンとデンプン部分加水分解物を酵素処理して得られるものです。

通常のヘスペリジンよりも浸透性の良さから高い効果が期待でき、肌に潤いやハリを与えるだけでなくて美白効果も期待できます。
血流促進効果、保温効果、抗炎症効果が期待され、化粧水などの基礎化粧品に配合されることが多いです。
特定保健用食品にも配合され、中性脂肪を減らす効果が期待されています。

αgヘスペリジンとは?


近年増えているといわれる低体温は、あらゆる病気の種になるといわれています。
低体温によって代謝が下がるので太りやすくなり、体の抵抗力も下がるので病気がちになりやすいのです。
αgヘスペリジンというサプリメントは、糖転移ヘスペリジンとナノヘスペレチンをダブルで配合しています。

そのため、じわじわと長く効果的に体の血流を促進し、その一方ですばやく力強い効果で血流を活発にします。
血流が良くなることで足のむくみにも改善が期待できますし、冷え性の改善にもつながります。
もちろん体全体の血流が良くなれば顔色にも反映されるので、気になる目元のクマの改善や血色の悪さも根本的に変えていくことができます。

みかんなどの食品にもヘスペリジンは多く含まれていますが、水溶性が悪いことから大量に摂取したとしても吸収されるのはほんのわずかです。
しっかりと効果を実感するためにはαgヘスペリジンサプリメントが手軽で、なおかつ水溶性を良くしているので体内への吸収率が大きく違います。

こういったものは長く地道に続けていく必要がありますが、αgヘスペリジンサプリメントなら手間もかかりませんし、定期購入にすれば一ヶ月あたりの価格もお得になり、しかも送料無料で買い忘れることもありません。
一日一度、時間を選ばずに飲んでよいのも続けやすいポイントです。
厚着や暖房器具に頼るだけではなく、体の内側から根本的に温める力をαgヘスペリジンで身につけてはいかがでしょうか。

おすすめヘスペリジンサプリメント 詳しくはコチラ

更新履歴