みかんに多く含まれる成分

ヘスペリジンを多く含む食品について


血流の改善や高血圧の予防、花粉症や骨粗しょう症の予防に効果的であるとして、ヘスペリジンが注目されています。
ヘスペリジンとはあまり耳慣れないという方も多いのではないでしょうか。

ヘスペリジンは、ビタミンPとも呼ばれる栄養素でポリフェノールの一種です。
身近な食品・食べ物としては、みかんなどのかんきつ類に多く含まれています。
それも、実の部分よりも外側の皮や、内の白い筋に多く含まれているのです。
みかん以外であれば、オレンジやライムにも多く含まれています。

しかし、一番身近でよく口にするのはやはりみかんではないでしょうか。
誰しも一度は「みかんの白い筋は栄養があるから食べたほうが良いよ」という話を聞いたことがあるのではないでしょうか。
それはまさしく、ヘスペリジンのことを指しているのです。

ビタミンPに関しては、なんとみかん本体よりも圧倒的に多く含まれており、300倍にもなるとされています。
もちろんみかん本体にも多くのビタミンCなどが含まれていますが、ビタミンCは温度や湿度、紫外線などの影響を受けやすくとても壊れやすいという性質を持っています。
ヘスペリジンはそんなビタミンCを安定化させる作用を持っているのです。

みかん成分をしっかり摂ろうと思うなら、本体だけでなく袋や白い筋も一緒に食べてヘスペリジンを摂取することが大切です。

また、漢方薬でみかんの皮を乾燥させたものを「陳皮」と言いますが、こちらもヘスペリジンの持つ健康効果を狙っているものであります。
みかん本体は体を冷やす作用がありますが、陳皮は逆で体を温める作用があります。

胃に溜まったガスを追い出したり、毛細血管の強化、コレステロール値を正常に保つ作用や効果があります。
特別な品種のみかんからしか取れないというものではなく、一般的なみかんの皮をできれば一年以上乾燥させたものを陳皮と言ようです。
昔から乾かしたみかんの皮を白菜漬けの香り付けに使ったり、お風呂に入れるという方法がありますが、それらはみかん成分をあますことなく摂ることができる生活の知恵だったのです。

ヘスペリジンが健康の大きな支えとなることは分かっていても、みかんはついつい食べ過ぎてしまうものです。
ご飯100グラムの糖質量が約37グラムなのに対して、みかん100グラム(中玉1個)で10グラムなので、何個も食べていると体重の増加に繋がってしまいます。
糖質やカロリーが気になる方は、ヘスペリジンサプリメントを利用するのも効果的です。