効果・効能

ヘスペリジンは中性脂肪に効く


ヘスペリジンとはかんきつ類の皮や袋、白い筋の部分に多く含まれているビタミンP(ビタミン様物質)で、毛細血管の強化や血流の改善に効果がある栄養素です。
ヘスペリジンは通常の状態では非常に体への吸収率が低く、食品などに添加される場合は糖転移ヘスペリジンがほとんどで、こちらはヘスペリジンに比べると10万倍という吸収率を誇ります。

トクホ(特定保健用食品)にもヘスペリジンは配合されています。
トクホの食品を大量に摂取する事で予防の効果が高くなるというものではありませんが、一日の摂取の目安量を継続していくことで健康の支えとなります。

ただの食品と違うところは、トクホは体の生理機能になんらかの影響を与える成分を含んでおり、その効果が科学的に証明されているという点です。
国に科学的根拠を証明して認可されなければ、トクホの表記をすることは出来ません。
それだけヘスペリジンは根拠ある効果があるという事です。

ヘスペリジンは中性脂肪低下作用を謳うトクホ食品につかわれており、副作用もほぼ無いとされています。
体内の過剰な中性脂肪をヘスペリジンが低下させるメカニズムは、肝臓がポイントとなります。
肝臓で脂肪酸が合成されるのを抑え、さらに脂肪酸の分解をうながしてエネルギーへと変換してくれるのです。

食事からとった糖質や脂質は、肝臓に運ばれて中性脂肪になるのですが、ヘスペリジンによってまず中性脂肪自体にならないように作用し、なおかつそれでも発生した中性脂肪や脂肪酸もヘスペリジンによって分解されるので、動脈硬化のリスクを減らすことができます。

中性脂肪の数値が高い人にとってはヘスペリジンが大変効果的であることが分かりましたが、では、それほど数値が高くないが低いというまででもない方(グレーゾーン)や、数値が正常値の方の場合はどうなのでしょうか。

その場合、ヘスペリジンは正常値以下にまでは中性脂肪の数値を下げないことが確認されています。
中性脂肪は数値が低すぎても体に良くありません。
いわば体のエネルギー源なので、低すぎると元気がなくなってしまい、からだにとって大切な役目が果たされなくなってしまいます。
ヘスペリジンによって、中性脂肪の数値が高すぎる方は下がり、正常な数値の場合は特に変化は起こらないので、ヘスペリジンを摂取するリスクは無いといえるでしょう。

ヘスペリジンは冷え症改善に効く


ヘスペリジンは、漢方で言うところの「陳皮」にあたります。
陳皮はみかんの皮を乾燥させたもので、血液のめぐりをよくする、肝機能を高める、むくみの予防・改善といったヘスペリジンと同じ効能であることが分かります。

昔からの知恵として、乾燥させたみかんの皮をお風呂に入れると体がよく温まるというものがありますが、これはみかんの皮に含まれている精油が体の毛細血管を刺激して血流をうながす効果からきています。
しかし、毎日みかんの皮のお風呂に入るほどみかんを食べるわけでもありませんし、入浴時の効果は一時的なものです。

みかん自体からのヘスペリジンの摂取もできますが、吸収率の悪さからあまりオススメはできません。
充分な量のヘスペリジンを摂取するには、みかん約30個を食べなければならないからです。

より効率よく効果を持続させることを目的とするなら、ヘスペリジンのサプリメントが非常に便利です。
ゆっくりしっかり効く糖転移ヘスペリジンは温めのピークは8時間後なので、朝飲めばオフィスでの足元の冷えの対策が打てます。

また、ナノヘスペレチンも入っているものであれば、こちらも体を温める作用が強く、なおかつ早く強く温めてくれます。
もちろんショウガなども体を芯から温めてくれる食品ですが、糖転移ヘスペリジンの長く穏やかに温める作用とナノヘスペレチンの即効性のあわせ技にはかないません。

慢性の冷え性というものはなかなかに厄介で、おおくの女性、そして近年では男性も多く悩まされている問題です。
もちろん厚着などであるていどの対策は打てるものの、一度冷えた体はそうそう元通りには温まりません。

そもそも毛細血管が充分に機能していない状態では、外側から温めるのにも限界があります。
ヘスペリジンは毛細血管のメンテナンスもしてくれるうえ、血流自体を良くするので体の末端までしっかりと血液がめぐるようになります。

履くだけで暖かい靴下や、カイロ、足湯、様々なグッズはありますが、やはり効果的なのは体の内側から根本的に温めていくことです。
冷えに悩んでいる方は、まずヘスペリジンの含まれているサプリメントを試してみると良いでしょう。

ヘスペリジンは花粉症などのアレルギーに効く


ヘスペリジンは花粉症などのアレルギー症状の緩和にも役立ちます。
現代では花粉症にハウスダスト等なにかしらのアレルギーに困っている方がほとんどではないでしょうか。

鼻水や鼻づまり、目のかゆみ…日常生活に深刻な影響を及ぼして辛いものです。
様々な抗アレルギー薬はありますが、体質に合うものばかりではありません。
効果がしっかりとあっても、副作用の強さから薬の使用をためらう方も多くいます。
通院したくても仕事が平日の勤務でなかなか病院にかかれない場合もあります。
しかし、ヘスペリジンであれば副作用や飲み合わせの心配なく、アレルギー対策ができるのです。

ヘスペリジンには、血管の透過性を「適度」に保つという作用があります。
この「適度」というのが非常に重要なのです。
体の中に花粉等のアレルギー物質が入ってきた場合、末梢血管は白血球が通りやすくなるようにして血管の透過性を高めます。
そうすることで白血球は花粉等のアレルギー物質を攻撃していくわけです。

しかし、末梢血管の透過性を高めすぎてしまった場合は、水分やたんぱく質も流出してしまうのです。
これが、鼻水や鼻づまりといった厄介な症状としてあらわれます。
ヘスペリジンによって末梢血管の透過性が適度に保たれれば、水分やたんぱく質の流出を防げるので鼻水や鼻づまりが緩和されます。

また、ヘスペリジンにはアレルギー反応自体を抑制する効果もあります。
鼻水、鼻づまり、目のかゆみといったアレルギー反応を引き起こすヒスタミンなどの化学物質の分泌を抑制してくれるのです。
鼻水や鼻づまりの薬の副作用に多い眠気やのどの渇きといった副作用も、ヘスペリジンならありません。

花粉症といえど季節限定のものではなく年中何かしらの花粉は飛んでいますし、ハウスダストとなれば完全に除去することは不可能。
かといって一年中薬を服用するのは不安がありますし、通院にかかる時間も医療費もばかになりません。

ヘスペリジンのサプリメントならば、一ヶ月にかかる費用は固定されていて安心です。
定期購買ならば更に割引がかかり、送料も無料、買いに行く手間もかかりません。
年間を通してヘスペリジンを摂取するには、サプリメントタイプが最も手軽です。

ヘスペリジンは化粧品にも含まれている〜美容にも!


意外と知られていないことですが、ヘスペリジンは基礎化粧品にも使われています。

基礎化粧品とはいわゆる化粧水や乳液などの、洗顔後のデリケートな状態のお肌に使うものなので低刺激でなければなりません。
ヘスペリジンが配合されている化粧品は、化粧水、乳液、クリームといった基礎化粧品に多く、洗顔料やファンデーション、シャンプー、トリートメント、頭髪化粧品と幅広く扱われています。

ヘスペリジンは血管強化、代謝促進、酸化防止を目的として配合されています。
中でも良く見かけるのが、基礎化粧品の一つであるアイクリームへの配合です。
目元は非常に敏感で、刺激の強いものをつけると涙が止まらなくなってしまったり、腫れあがったりといったトラブルに繋がりやすいため、特に低刺激であることが求められます。
そういったことからも、ヘスペリジンの安全性が伺えます。

目じり等の血管は非常に細く、ちょっとした刺激で赤く腫れてしまうのでヘスペリジンの血管強化の作用が求められます。
そして、目元の小じわや垂れの対策としてヘスペリジンの代謝促進作用によるハリをだす効果が狙われているのです。

他にも、育毛・発毛目的でヘスペリジンが配合されている頭髪化粧品もあります。
薄毛に悩んでいる方の多くは、頭皮の血流が悪い場合が多いのです。
ヘスペリジンによって頭皮、毛根の血流を活性化することで育毛剤をより効率的に作用させる目的で配合されています。

また、肌の生成にはコラーゲンが大きくかかわっていますが、コラーゲンを作るのに欠かせないのがビタミンCです。
しかし、ビタミンCは非常に壊れやすく熱にも弱いのが難点です。
ビタミンCの壊れやすさをカバーするために欠かせないのがヘスペリジンで、ビタミンCの安定性を高める効果があります。

もちろん美容にも冷えは大敵です。
肌のターンオーバーが狂ってしまい、角質層と新しい肌のサイクルが悪くなるとゴワゴワした肌質になったり、くすみが出たりします。

血流が悪いと肌の色も暗く見えてしまいますし、特に目元のクマはそれが顕著に出ます。
ファンデーションでいくら隠しても、血流の悪い肌色というものは重く見えてしまうものです。
唇も血色が強く反映される部分なので、冷え性の方は特に青紫の唇で印象が悪くなっているかもしれません。

ヘスペリジンの配合された基礎化粧品でお顔の血流や代謝を促進させつつ、体の内側からもヘスペリジンのサプリメントでアプローチしていくとより効果的です。
顔色や肌質というのは、お顔という部分だけで出来上がっているわけではありません。
体の一部なわけですから、やはり体の内側からしっかり血流を良くすることが非常に大切なのです。

血流が改善されれば、お肌の代謝も上がりキメが細かく、透明感が出てきます。
頬にも自然な赤みが戻り、唇にも自然な赤みがさしてきます。
メイクがシンプルでも、ぐっと化粧映えする素肌になるのです。

日々のスキンケアの一環として、ヘスペリジンサプリメントも一緒に取り入れてみてはいかがでしょうか。